マイラーのお得な旅☆Navi

海外旅行、旅で出会いたい美女・美人、マイル、ポイント、エアライン、ホテル、クレジットカード、グルメ、読書、英語、お金、身だしなみ、健康づくりの役立つ情報ブログ

【上級会員も航空クレカも使わない】エコノミー予約なのにビジネスクラスカウンターでチェックインする禁断の裏技☆

f:id:investravel:20180116105911p:plain

 

どうも、旅Mです。

 

写真は、

17年10月ハワイホノルル空港からロサンゼルスにアメリカン航空

のエコノミー便でチェックインしようとした際のカウンター写真です。

 

通常、

エコノミークラスの予約でも、

エアラインの上級会員のメンバーシップを持っていたり、

ゴールド以上のクレジットカードを持っていると、

空いているビジネスクラスのチェックインカウンターが使えて楽なのですが、

 

アメリカン航空は、

平会員だし、クレカもないし、

一般的にはエコノミーの長蛇のチェックインする列に並ぶわけです。

(端末でチェックインできたとしても預け荷物が

クレカも上級会員でもないとエコノミーで預けるのが結局大変)

 

この便は

ブリティッシュエアウェイズのマイルで取ったのですが、

あいにくビジネスは空いてませんでした・・・

 

でも、

私は合法の中で相手方が許容する範囲においてですが、

何でもダメもとでやっちまう人間です。

 

平気でエコノミークラスの予約のくせに、

誰も並んでないビジネスのカウンターに行って、

 

「チェックインお願いします。

予約はエコノミーなんですが、

可能かつ値段が許容できればアップグレードしたいのですが・・・」

と言いながら、

パスポートと予約で使ったアメックスプラチナカードを渡しちゃう。

(これに使うんなら、センチュリオンは効果覿面)

www.investravel.link

 

で、

この日はビジネスは満席。

 

しかし、

そのまま搭乗手続きをやってくれて、

エコノミーなんだけど楽々すいすいチェックイン。

f:id:investravel:20180116111300p:plain

 

続いて、

17年12月の台北からマニラで乗ったフィリピン航空チェックインに

使った桃園空港にて。

 

エコノミーは激コミ。

これは並べない・・・

f:id:investravel:20180116112127p:plain

 

そこで、

ビジネスクラスカウンターで同じように、

「値段次第で空きがあればアップデート希望してるんですが」

 といって、

 

パスポート、

予約に使ったラグジュアリーカード、

をこちらのお姉さんに渡しました。

 

f:id:investravel:20180116114059p:plain

 

そうすると、

チェックイン業務を行っていた中華航空の

グランドホステス後日CAさんと判明しましたCAさんが、

ビジネスクラスの空きと値段を調べつつ、

 

「今日はご出張ですか?」と流ちょうな英語で聞いてこられたので、

英語と中国語で受け答えをして、

無駄に会話が盛り上がり、

 

正直に、

「いや、こんな長いエコノミーの列に並べないし、

たいていはビジネスクラスのカウンターでチェックインできるから、

来ちゃいました」と言ったら、

 

少し笑って、

「エコノミーでもよろしければこのままチェックイン手続きしちゃいますが、

今日ビジネスはどなたもご予約がないし、150USドルの追加料金で使えますよ」

と言われたので、

 

当日有料アップグレード!

 

「お席はどうされます?」と聞かれたので、

 

「お姉さんのオススメ席は?」と伺ったら、

 

「1Aか1Hでいかがですか?」とおっしゃったので、

 

「1Hで」と答えたら、

なんで1Aじゃないんだろうというお顔をされておられたので、

 

「H側のほうが過去いろいろいい事があったので。

可愛いCAさんがこっち側が多いとか」

 

などという無駄な会話をしてましたら、

 

「ところで、この金属のカード珍しいですね。初めて見ました!」

と、

ここでもラグジュアリーカードへの一言が(笑)。

www.investravel.link

 

フィリピン航空

台北ーマニラのビジネスクラス搭乗記は

またの機会に。

f:id:investravel:20180116114329p:plain

 

 

ちなみに、

続いてのマニラ>シンガポールは

一番好きなシンガポール航空に乗ったので、

スターアライアンスゴールドで楽にチェックイン、

エコノミーでも最前列。

CAさん目の前のドキドキシートでした。。

 (ドキドキはなかったけど)

f:id:investravel:20180116114858p:plain

 

で、

同じく

17年12月のホーチミンから羽田のJALエコノミー便

(これもBAマイルで取りました) 

www.investravel.link

 

こちらチェックインの写真がありませんが、

同じ作戦でビジネスクラスカウンターを利用し、

値段いくらか忘れましたが、

アップグレードは結局申し込まずに、

エコノミー発券。

 

そしたら、

もともとの予約席は最後方の窓側だったんですが、

「もう少し安ければいい席が欲しかった」

と一言いったのが良かったのか、

ここでも金属ラグジュアリーカードが効果覿面だったのか、

上級会員でもないですが、

エコノミーの最前列通路側にシートをプチ格上げしてくれました。

f:id:investravel:20180116115611p:plain

 

ホーチミン>羽田便はどうぜフルフラットのビジネスシートではないので、

エコノミーの最前列で通路・窓側を頂けたら、

それがコスパ最強です。

おじいちゃんになったら考え方変えるかもだけど、

体力的にまだまだ大丈夫!

 

※この日のJALのCAさん!

f:id:investravel:20180116121918p:plain

 

www.investravel.link

 

 

※今後のJAL・ワンワールド系は

クレカとその後のJGC予定で楽々チェックインになりそうです。 

www.investravel.link

www.investravel.link

 

 

 

もっとも、

プライベートジェットでないのに、

シートによって活動時間に大差が出る場合には、

時間をお金で買う事は良いと思います。 

www.investravel.link

 

いずれにしても、

航空会社カウンターで拒否をされない限りは、

アップグレードの値段を聞いて可否を判断し、

その方の判断でそのままエコノミーでも搭乗手続きしていただけたら

ラッキーということで。

 

 以上、

【上級会員も航空クレカも使わない】

エコノミー予約なのにビジネスクラスカウンターでチェックインする禁断の裏技☆

でした。

 

【編集後記】

 

台北からマニラに搭乗手続きをしていただいた

グランドホステスさんが美人でした。

それもあってか、

フィリピン航空の機内で夢を見ました。

 

ラグジュアリーカードの効果もあるのかないのか?、

www.investravel.link

 

彼女がチェックインの際に

出張の事とか仕事の事や

手続き途中に台北での投資先の会社までチェックしてたし・・・

(日本のエアラインのグラホさんならありえないかもですが。

これが海外の醍醐味です)

 

それで結局、

「ビジネスクラスが150ドルですけどうします?」

と聞かれて、

「誰もカスタマーがいないなら、売上に貢献しようかな(笑)。

おまけとして、あなたのLineのIDがついてこないよね?

さっきの(投資先の)レストラン、一緒にいかがです?」

って。

 

そしたら、

搭乗券と一緒にLineのメモが(笑)。

 

そんなめでたい夢を見て、

目が覚めて現実に戻った時にはマニラに到着。

 

※お兄さんの接客が期待以上に良かったです。ありがとうございます

f:id:investravel:20180116122300p:plain

 

 

まあ夢でもそんなおめでたい脳に感謝?して、

今後もフライトを楽しんで参りたいと存じます。

 

<スポンサーリンク>

?

?

~INDEX(索引)はこちらから~

www.investravel.link

【RECOMMEND こちらの記事もオススメ】

?