マイラーのお得な旅☆Navi

海外旅行、旅で出会いたい美女・美人、マイル、ポイント、エアライン、ホテル、クレジットカード、グルメ、読書、英語、お金、身だしなみ、健康づくりの役立つ情報ブログ

【2019年ANAマイルを貯めるのはnimocaが最適!?】Lineルートのさっそく改悪見込みで、Lineポイントをさっさとメトロポイントに交換申請(半日後修正)

f:id:investravel:20180114113928p:plain

 

どうも、旅Mです。

 

ソラチカルートの封鎖で、 

www.investravel.link

 

ポイントで、

ANAマイルを貯める新Lineポイントルートが話題です。

 

しかし、すでに暗雲が。

(暗雲部分は以下にて追記修正)

 

昨日のゴウタロウさんの記事を下記に引用させて頂くと、

もう会社組織としてこの前触れを出した以上は、

100ポイント=70マイルにレートが変更になりそうな気配。

4月の新年度からそうなってもおかしくはありません。

(実際に時期は全く読めませんが、同じ鉄道系のnimocaと同じなら、

日本社会で問題でないはず。ただしあくまで個人の推測です)

f:id:investravel:20180114114154p:plain

www.goutaro.com

 

 

と書いたのですが、

f:id:investravel:20180114205925p:plain

 

陸マイラー勉強中さまのご指摘のお陰さまで、

前からあった記述だと判明。

 

その上で、

こうなると急にはないかもしれませんが、

下記の分析結果はそれでも変わりませんので、

ご参照まで。 

 

・・・・

ということで、

わずかながらあったLineポイントをメトロポイントへ交換申請

f:id:investravel:20180114114859p:plain
f:id:investravel:20180114115121p:plain
f:id:investravel:20180114115201p:plain
Lineポイントをメトロポイントへ交換



さらに、

昨日202ポイント余ったので、

Line内で100Lineポイント付与されるスマニューをダウンロードして

303ポイントにして再度ポイント交換申請。

f:id:investravel:20180114115421p:plain
f:id:investravel:20180114115452p:plain
できるだけ余るLineポイントのない形でメトロポイントへ申請

 

 

17年1月のプレジデントに続き、

ほとんどのマネー誌のお金を増やす・得する系で

ソラチカルートの啓蒙で、

急激にポイントを東京メトロポイントに変える人が増えた昨年。

 

しかも、

その多くの人が東京メトロに実際には乗らない

=企業価値を高めない人々。

 

少なくとも東京メトロ並び東京都は

2020までに上場したくてたまらないようだから、

東京メトロ内にたっぷり急速に貯まり込んだポイントの変換レート改悪は、

メトロの財務を改善させ、

現在のメトロ株主やIPO関係者にはポジティブ材料。

 

JCBは死蔵カードなんていくらでもあるだろうし

(といってもここまでの死蔵カードは問題だろうからJCB要因もあったかもですが)、

 

ANAは現場の下っ端さんの想いは別にして旧経営陣と話した際には、

マイラー様様でしたから、

(マイラーが割安で乗ったところで、不動産と一緒で空席よりマシだし、旅行代理店に格安で卸していて、それをマイラー=個人代理店みたいな感じで収益的には旅行代理店に卸してる感じとみなし(それでも収益に貢献する得する存在)歓迎して、JALより好決算をだす一因にもしてきたわけだし、われわれ投資家にとっては筋肉質で手堅いカスタマーがいると説明される方が好感を持てるのも当然ですし)

 

その2社よりは東京メトロ事情なんだと思っています。

 

もっとも、

現在の社長になって世界的な原油高や物価高で、

ANAマイル卸値の値上げ交渉があるのかもしれません・・・

 

それに、 

これからのフルサービスキャリアのエアラインは、

「いかにお得意様を囲い込むか」

がますます生命線なので、

 

JALも好財務を背景にANAが恨めしく思う程のレートで

法人向けにマイルを卸しているから

現在のJALキャンペーンが成り立つんだろうと思いますので、

JALもマイルを使ってでもJALラバーの新規獲得に懸命なんだと思います。

(こっちは経営手法が共感できないので経営陣と話したことないけど。ちなみに、現場のJALのCAさんは好きですよ

 

いずれにしてもソラチカルートのトバッチリは、

本末転倒で評価されない財務諸表だけが大きくなる東京メトロで、

まあ常識のある経営者と出資者(投資家)なら、

なんのためのカードなの?っていいたくもなります。

 

上場を急ぐんであれば、

なおのこと見直しが急務。

 

なので、

Line新ルートは短中期的で消える事でしょう。

少なくともLineの財務規模としても、

急激にポイント交換だけでバランスシートが大きく変わるのは

もうすでに上場もしているし望まないでしょうし、

現金同等物のポイントを留保させる先としても、

Lineは怖いなあというようにも思います。

 

また、

ANAとしては、

自社の収益力向上のために交換レートを改悪したうえで、

マイラーさんのポイント活動を実質的には続けて欲しいので、

同じ電鉄系のnimocaカードを作ったという事と、

www.smbc-card.com

 

ソラチカの二の舞を避けるために、

沖縄・札幌に偏重しているマイラールートを鑑み、

国内線で遠くて売上をあげられる(マイル搭乗含む)

沖縄、札幌以外の路線の搭乗率アップと活性化も狙って、

ネットでの移行ができない形にしたのかなあと思います。

 

もし、

東京メトロが嫌がらなければ、

nimocaのように端末の設置(死蔵防止)でのマイルへの交換と、

交換レートの改悪だけで済んだものの、

今回は東京メトロがポイントからのお金の流れを嫌った訳で、

そういう風にはならんわけです。

 

お金と数字の流れは、

見えない思惑の代弁者です。

 

東京メトロが注意書きレート通り、

メトロポイント→ANAマイルの交換レートを改悪し、

JALの特別キャンペーンがなくなれば、

その時には消去法で選ばれるnimocaレートを作ったANAの経営手腕に、

いち投資家としてはもうすでに拍手喝采。

 

あくまで私の戯言ですけど。

 

以上、

【2019年ANAマイルを貯めるのはnicomanimocaが最適!?】

Lineルートのさっそく改悪見込みで、

Lineポイントをさっさとメトロポイントに交換申請!

でした。

 

※こちらの記事も人気です!

www.investravel.link

 

 

【編集後記】

こういう抜け目のないANAだからこそ、

www.investravel.link

 

民間航空会社として幾度のピンチを知恵でしのいで勝ち上がってきたわけで、

私が青い翼を個人的に好きな理由なんであります。

 

なので、

実質ANAマイラーのポイント活動維持の布石をうってくれたANAに感謝し、

今後も喜んで博多に行きつつ、

www.investravel.link

www.investravel.link

 

ANAマイラーを続けたいと思います。

まあ、諸事情でJGCも取得する2018年になりそうですが、

比較も大事ですからね。

 

ひとまず、

ありがとうANA。

 

<スポンサーリンク>

?

?

~INDEX(索引)はこちらから~

www.investravel.link

【RECOMMEND こちらの記事もオススメ】

?