マイラーNavi ☆ 旅作りのお得情報

海外旅行中心にマイル・ポイントサイト、エアライン、ホテル、クレジットカードや旅に必要なグルメ・読書・英語・お金/身だしなみ/健康づくり等の役立つ情報ブログ

【ソラチカ以外でドットマネーをANAマイルに変える時】Tポイントとnanaco経由のメリット・デメリット

f:id:investravel:20170906131104p:plain

 

どうも、

500記事の記念に少しまともな記事を書こうと思った旅Mです。

 

今日は巷の人気が定着している

ドットマネー⇒

ソラチカカードで東京メトロポイント⇒

ANAマイル(還元率90%)

ルートのうち、

 

月20,000メトロポイント(18,000マイル)までという

しょぼい制限のあるソラチカカード以外の

 

交換上限のないルートを

Tポイント経由にすべきか、

nanaco経由にすべきかについて。

 

 

ドットマネーをソラチカ経由しないでANAマイルにする最も得なルート=nanaco経由ルート

f:id:investravel:20170906124906p:plain

 

お得なのは、

nanacoポイント経由でANAマイルに変えること。

 

nanacoもTポイントも1ポイントが0.5ANAマイルになりますが、

ドットマネーではnanacoの方が、

  • 3%増量キャンペーンがたまにあって得できる
  • 変換するポイントの最少額が小さい

という点で有利です。

(しかし、以下参照で結論を書いておきますが急ぐときはTポイントが有利です)

 

結局、

9万ドットマネー⇒92,700nanacoポイント⇒46,250ANAマイル

(※200nanacoポイント余り)

9万ドットマネー⇒90,000Tポイント⇒45,000ANAマイル

という差になって現れます。

 

※ちなみに、

500nanacoポイント=500ANAマイル

500Tポイント=500ANAマイル

 で、

変換効率の違いはドットマネーからの交換時だけです

 

触れる必要もないかと思いましたが、

ドットマネーを直にANAマイルにすると、

9万ドットマネー⇒25,500ANAマイルとなるので、

これを使う人は誰もいないでしょう。

 

それでも私がTポイントを選択してドットマネーを交換申請した訳

今日の日付が変わったあたりに、

希望の旅先へのマイルフライトに足りないANAマイル分を獲得すべく、

75,000ドットマネーを75,000Tポイント(⇒37,500マイル)

に変える申請をしました。  

f:id:investravel:20170906124416p:plain

 

もし、

nanacoポイント経由にすれば、

38,625ANAマイルとなり、

私は1,125ANAマイルを損することになります。

 

それでも敢えてTポイントを選んだのは、

Tポイントの方がANAマイルになるのが早いから

です。

 

ドットマネーからnanacoやTポイントに変えるのは、

おのおの

f:id:investravel:20170906132829p:plain
f:id:investravel:20170906132954p:plain

 

4営業日以内とありますが、

ドットマネーがTポイントに変わるスピードが早く

Tポイント経由の方が早くANAマイルをゲット

できます。

 

これはなんどかやってみてそういう結論で、

急ぐとき&アメリカのアメックスポイントを買うセールのない時には

Tポイント経由にしています

(米アメックスポイント経由のANAマイル取得が一番早いけど)

 

では、

このnanacoとTポイントがANAマイルに変わる

スピードの違いを、

 

4月のヨーロッパ旅行の為に

急きょバイマイルした時の実例で

比べてみましょう!

 

ドットマネー⇒nanaco/Tポイント経由⇒ANAマイルの獲得日数例

 

同日同時刻にドットマネーをnanacoポイントとTポイントに交換

 

まず、

2017年3月20日(月)に

nanacoとTポイントを

ぞれぞれ24,000ドットマネーづつ交換申請

(nanacoポイントは3%のボーナスついてます)

f:id:investravel:20170906141048p:plain

 

数分ですが、

nanacoポイントを先に交換申請しました(笑)。

 

2日後の22日(水)にドットマネーが

Tポイントに交換されて反映されたので、

即日Tポイントを24,000ANAマイルにすべく申請しました。

f:id:investravel:20170906141320p:plain

 

さらにその2日後の24日に

TポイントがANAマイルに無事交換されたので、

東京>ロンドン>オーストリア>ロンドン>フランクフルト>東京の

特典航空券を発券。

(米アメックスのポイントは20日申請の翌日21日にANAマイルになってますので、

米でのバイマイルが一番早いですね)

f:id:investravel:20170906142734p:plain

 

※その時の航空券の記事はこちら

www.investravel.link

 

さて、

ドットマネーがTポイントに入ってきた時、

nanacoポイントにはまだドットマネーは入ってきていませんでした。

f:id:investravel:20170906144844p:plain

 

で、

結局nanacoポイントが入ってきたのは、

4営業日期限ぎりぎりの24日夜だと思われます。

※3月もnanaco3%増量中の為、

Tポイントより720P多いですね

f:id:investravel:20170906145805p:plain

 

※思われますというのは、

24日の夕方まではまだかまだかとチェックしていて、

気づいたのが25日だったので。

 

それでnanacoポイントをANAマイルに申請して

f:id:investravel:20170906145728p:plain

 

2日後にANAマイルに反映されました。

ANAのマイルに反映されるのは土日でも大丈夫なようです。

 

また、

Tポイントに関しては、

 次の航空券の為にまたドットマネーをTポイントにした時も

f:id:investravel:20170906150234p:plain

2日後には交換がされました。

 

3月25日が土曜日でしたので、

平日にドットマネーをTポイントに交換申請しておけば、

Tポイントは週末でも2営業日でなく2日間で交換されるんだ!と

感じました。

 

ドットマネーをnanacoとTポイント経由でANAマイルするメリット・デメリットまとめ

 

総論メリット
  • ソラチカと違って交換上限がない
  • ソラチカのようにマイルの交換まで数か月はかからず、4日程度でドットマネーがANAマイルに変わる
総論デメリット
  • ソラチカカード経由だと90%還元率がnanacoポイント・Tポイント経由だとキャンペーンのない時で50%(※)になってしまう

 

※50%すなわち1マイル2円で買っても、

それ以上の価値で使えば十分お得。

 


ファースト・ビジネスクラスでの1マイル価値の増大は有名ですが、

www.investravel.link

 

エコノミーだって、十分倍以上のお得感を出せます。

www.investravel.link

 

JGCにはないSFCの魅力の一つとして、

エコノミーからプレミアムエコノミーへのアップグレードに成功すれば、

1マイル10円換算でだって使うことができますし

ソラチカをちまちま経由させなくてもお得なことがわかります。 

www.investravel.link

 

各論のまとめですが、

ドットマネーをnanano経由でANAマイルに交換するメリット・デメリット(Tポイントとの違い)

◎3%ボーナスポイントがもらえて、マイル換算が増える時がある

×ドットマネーがANAマイルに変わるまで約6日間は必要

 

ドットマネーをTポイント経由でANAマイルに交換するメリット・デメリット(nanacoポイントとの違い)

◎ドットマネーがANAマイルに変わるまで約4日間でいい

×3%ボーナスポイントがもらえず、マイル換算がnanacoより少ない

 

結論

よって、

急ぐときはTポイントを、

急がない時はnanacoポイントを使うのがいい

と思います。

 

以上、

【ソラチカ以外でドットマネーをANAマイルに変える時】

Tポイントとnanaco経由のメリット・デメリット!

でした。

 

【編集後記】

 

いやー、

これ3月に記事にしようとしていたのに、

半年後の作成になってしまいました・・・

 

今回はnanacoでなくTポイントにしたのは、

とある時期のANA東京>ホノルルのビジネスに空席が、

家族3人分出現した為です。

 

ANAの東京発ハワイ便ですから、

nanacoなんて使ってる場合じゃないですね。

しかし、

これを書くことがそれが無くなったらなくなったで、

それはそれで仕方なし(笑)。

 

その時はバイマイルで

ユナイテッドのビジネスで行くか、

スカイチームの大韓航空・中華航空が安く、

せっかくエリートプラスになったので、

www.investravel.link

それを使ってみたいと思います。

 

なお、大量にマイルが必要な方は

大量にドットマネーを仕込んでおく記事も参照ください。 

www.investravel.link

  

<スポンサーリンク>

?

?

~INDEX(索引)はこちらから~

www.investravel.link

【RECOMMEND こちらの記事もオススメ】

?