マイラーNavi ☆ 旅作りのお得情報

海外旅行中心にマイル・ポイントサイト、エアライン、ホテル、クレジットカードや旅に必要なグルメ・読書・英語・お金/身だしなみ/健康づくり等の役立つ情報ブログ

【ラウンジのマズイ食事などどうでもいい】プライベートジェット使用者のSFC・JGCの合理的メリットとは!?

f:id:investravel:20170904150803p:plain

 

国内線ならSFC・JGCは贅沢品だと思う

 

どうも、旅Mです。

 

この記事はブログで親しくさせて頂いている

マイル社長様のこちらの記事の勝手な続編です。

(香港やソウルなどに訪問されるマイル社長様をこの世界に引き込むプレゼンです^^)

www.mile-shacho.com

 

というのは、

私ももし上記のマイル社長様と同じ経験をしていれば、

航空会社の上級会員など目指さないでいいといいうことに、

大いに賛成です。

 

国際線であっても、

例えばANAプラチナ・SFC会員向けの

ラウンジで食べられる蕎麦は、

駅の立ち食い蕎麦でももっとうまいのがあるし、

 

お酒だって、

そこいらの居酒屋で飲めるものばかりですし、

接客だって、

ANAプラチナデスクの超丁寧なものや

その後泊まるホテルの接客に比べれば、

大して気持ちのいいものでもありません。

 

なので国内線に主に焦点をあてると、

確かにエアラインの上級会員など要らないに

自分も1票です。

 

しかしながら、

航空会社の上級会員、

とくに日本においては

SFC・JGCがなんと半永久的に取れるという、

ありがたい状態で、

 

国際線に関しては

その取得に合理性があると考えていますので、

今日はそんなお話を。

 

話の流れで、

超富裕層のプライベートジェット&エコノミー好き

にも触れたいと思います。

 

 

プライベートジェットユーザーの「上級会員とエコノミーの価値」

f:id:investravel:20170904143759p:plain 

航空会社の上級会員になれば、

国際線でエコノミーに乗った時に荷物が早く出てきたり、

エコノミーの通常カウンターが30分以上激コミの際に、

スーッとエコノミーなのに搭乗手続き出来たり、

「時間を買う」合理性を半永久的に

エコノミーで手に入れられる点がメリットです。


ロンドン便やバンコク便のようにファーストレーンがあり、

ファーストクラスやビジネスクラスで時間をヘタすると

1時間買うために使うこともありますが、

www.investravel.link

 

プライベートジェットならば、

そもそも空港まで自家用車で乗り入れ、

専用ゲートが用意され、

入国手続きも機内で済むし、

海外に飛び立つ手間は大衆ジェットの目くらましの贅沢さとは

雲泥の差で楽だし時間もかかりません。

 

着いた先の空港でも

空港の中からホテルまでリムジンで移動する快適さに

感動することと思います。

 

ある時、

時の副総理を乗せて(往路だけね)

欧米にプライベートジェットで向かった友人が、

帰国時はひとりだからと、

エコノミーで戻ってきました。

(彼は東証1部大企業の創業家社長・筆頭株主で、あれは大事な局面でした)

 

 

理由は

エコノミーでもファースト・ビジネスでも時間の大差がないから

そんな大金を払うTPOでなかったから

 

そんな彼も、

そして彼に限らず同じようなライフスタイルを持つ

富裕層の知人・友人も、

各航空会社の上級資格は持っています。

(修行は必要なく、あちこち飛んでたら勝手にステータスは上がりますが、

クレカを申し込んでSFC・JGCにはなっている印象です)

 

 

 

彼らには、

 

・搭乗時の手荷物・出国検査待ち時間の軽減(空港に向かう時間のカット)

・預けたスーツケースの回収時間の軽減(空港から出る時間のカット)

 

で十分なのです。

 

もっとも、

お金があるならいつもビジネスやファーストに乗ればいいじゃん!

という声があるかもしれませんが、

上級会員でチェックインー空港アウトの時間が大差ないのであれば、

激安のエコノミーを狙って、

大事なお金はもっと活かしたいと思うようで、

これは私も全く同じ考えです。

 

もちろん、

資産家と成金的なお金持ちとでは考え方が違うかもしれませんが、

私はまわりに1世紀、2世紀、云100年と大きな家を伝承している人に

接する機会に恵まれたおかげで、

こういう考えに早期に触れられたことは幸せだったかもしれません。

 

ほんと、

必要なもの・時に絶対額が大きくても

気持ちよく合理的なお金をかけるのはいいとしても、

費用対効果の低い贅沢な物には身構えてしまいます。

 

 

SFC・JGCはエコノミーで時間泥棒に遭遇しない優良な時間保険

f:id:investravel:20170904150504p:plain

 

そんな部分をメリットだと考える自分としては、

半永久で航空会社連合の上級サービスを倹約してエコノミーで

使わせていただけるSFC・JGCは優良なのサービスです。

 

あとはどれだけ海外に年間行くかでしょう。

自分のように毎月のように海外に行く人間にとっては、

 

SFCを約50万で取得して、

あと50年は海外にいくと仮定して、

 

年間10回の海外=50年で500回、

往復で1000回の搭乗ならば、

毎回の時間短縮&保険として1回500円、

 

四半期に1度(年4回)の海外=50年で200回、

往復で400回の搭乗ならば、

1回1250円なので、

そんなコストでもないでしょう。

 

もっとも年に1回しか行かない方なら、

50年のコストは、

100回の搭乗で1回5000円。

 (あくまで生きる前提での試算ですが・・・)

 

絶対金額は少し高いかもしれませんが、

おそらく自身の時給換算と比較すれば、

それでも

時間保険として上級会員を持ってそれを活かせる

方が少なくないはず。

 

いや、

年に1回の海外旅行の時間コストなんてどうでもいいけど、

ちやほやされたいという方は、

泊まるホテルに1万円足してエグゼクティブフロアに泊まったほうが、

航空会社の上級会員よりも

よっぽど心地よいような気もします。

(もっとも、費用対効果の高いマイル特典航空券の開放席数が違うので、

そのために取るのもありだろうとも思います)

 

以上、

【航空会社上級会員SFC・JGCの合理性・本当のメリット】

ラウンジの平凡料理・ビールや2流接客は無くても良く、時間にこそ価値!

でした。

 

※ファーストクラス、乗らざるをえない時でも超お得に乗りたいですね

www.investravel.link

 

僕はブリティッシュエアウェイズ(BA)の

ロンドン⇒どっか欧州内でエコノミーを使うので、

JGCあってもいいですが、

(どっか⇒ロンドンはBAのビジネスでファーストレーン使えます)

JALだけならプレエコ取れば要りませんね。

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

【編集後記:小さなお子様連れの家族旅行や特典航空券の開放枠の違いも魅力】

 

もちろん、

ラウンジが使えれば、

先日の出航遅延などのような場合に空港にいれば、

どしっと場所を確保して長居できる場があるのはいい事です。 

www.investravel.link

 

特に小さなお子さんがいらっしゃる場合なども重宝しますので、

あとはその時だけ有料で使うのが経済的か、

生涯にわたって使うのが経済的かを鑑みて、

取得の是非を決めてみてはいかがでしょうか。

 

あとは本文でも書きましたが、

特典航空券の開放枠が違うことも

家族には大きいですね。

 

あくまでもいち私見まで。

 

追記:

空席待ち、キャンセル待ちでもメリットがあるようです!

f:id:investravel:20170904195923p:plain

情報をお寄せいただいたBonusLimeさまのブログで

いまJGC情報を勉強させて頂いてます。

www.sfcjgc.com

www.sfcjgc.com

 

子連れ旅人さまからも!

確かにアップグレードの優先、

(ちなみにプライベートジェットの彼はかなりそれが起きているようです。価格が安いならほんと羨ましい)

そして、子連れ旅人さんの記事にある記憶に新しいユナイテッド航空の

乗客を引き釣り降ろした事件などでも、

上級会員なら安心ですね^^

f:id:investravel:20170904230458p:plain

kozuretabibito.hatenablog.com

 

 

JGCはわたしまだ初心者です。

CLUB-Aカードは最初に使った方がいいかすらわかりません。

まだ。

www.investravel.link 

 

 

特典航空券の関連記事☆

www.investravel.link

www.investravel.link

www.investravel.link

www.investravel.link

www.investravel.link 

<スポンサーリンク>

?

?

~INDEX(索引)はこちらから~

www.investravel.link

【RECOMMEND こちらの記事もオススメ】

?