マイラーNavi ☆ 旅作りのお得情報

海外旅行中心にマイル・ポイントサイト、エアライン、ホテル、クレジットカードや旅に必要なグルメ・読書・英語・お金/身だしなみ/健康づくり等の役立つ情報ブログ

【月会費4,166円でアメックスセンチュリオンより好待遇クレカ】ラグジュアリー・チタンカードの効能

f:id:investravel:20170726004445p:plain

 

どうも、旅Mです。

 

2017年も上半期が終わり、

もう下半期の7月も

あと少しで終わりを遂げようとしていますね。

 

今年は昨年末に日本に上陸した

ラグジュアリーカードに早々に入会して、

www.investravel.link

 

早速あちこちで使ってみて、

認知度の低い今だからこそ使う価値のあるカードだなあと、

感じた雑談、小話です。

 

大それたタイトルをつけましたが、

検索やアクセスのために

記事を作り込むのがめんどくさいので、

 

最低限の箇条書きでおしまいにしよ(笑)

 

 

リッツカールトン沖縄

 

チェックインに際して、

f:id:investravel:20170726010217p:plain

 

 

「こちらのカード、とても素敵ですね」

 

と言われたことが、

良かったかどうかは定かではありませんが、

 

ホテル内レストランでの夕食に際して、

よろしければ当ホテルからです!

と、

 

シャンパンフルボトルのサービスが!

 

f:id:investravel:20170726010548p:plain

 

f:id:investravel:20170726010906p:plain

 

 

予約はマリオット公式サイトからリッツカールトン・プラチナメンバーとして。

決して閑散期の冬でなく稼働率100%の最近のお話

あくまで個別の好待遇をいただいたのですが、

もちろんカードにこの特典はついてはいません。

 

 

 

JALバンコク>羽田便

ヨーロッパで残ったブリティッシュエアウェイズの

Avoisポイントが残っていたので、

それを使って取ったフライト。

 

実はJAL、

10年ぶりくらいに乗りました。

f:id:investravel:20170726011953p:plain

 

なんですが、

やはりANAのサービスがきめ細やかなのか、

ANAは近年いっぱい乗っているからか、

JALのいまいち感(気にして頂けてる感が薄いという意味)を感じました。

 

そこで乗り込んで早々に、

経験と勘から

機内販売でこのラグジュアリーチタンカードを使ったところ、

 

カードを渡したCAさん:(なにこれ?的なまなざしで奥へ)

 

お会計の明細を持ってきてくださったのは、

ビジネスクラスのチーフパーサー Fさん(素敵な淑女)にチェンジし、

Fさんのひとこと。

 

「こんなに重たいカード、初めて手にして少しびっくり致しました。素敵ですね」

 

それから、

機内であきらかにこちらへの気遣い10倍アップ。

(のように感じるだけかもしれませんのであしからず)

f:id:investravel:20170726012900p:plain

 

目に見えないブランド価値とはまさにこのこと。

まだ認知度が低く、

まさか年会費50,000円、月割で4166円とは思わないのでしょう。

 

こんな得な買い物ないでしょ。

 

アジアでの事前反応でリッツやJALでLUXURY CARDを自信を持って差し出した

 

※日本に16年末に上陸したばかりですからね・・・

みなさん、ほんとに馴染みがないようです

 

バンコクでもホーチミンでもマニラでも

ホテルスタッフや有名レストランスタッフの

カードへの反応は、

 

「cool」

 

という驚き。

 

じーっと見る人、

人のカードなのにツンツンする素朴なスタッフ、

 

ホーチミンではクラブフロアのスタッフのカードを返してくれる時の手が震え、

バンコクではマネージャーがチェックイン時に支配人呼んでくるし、

マニラの@@では******みたいなことになるし、

 

従来の金属製チタンカードの重みを知っている人々にとってこそ、

このカードはどうやら強い威力を発揮してくれるようです。

 

このお勘定の姿を見ていた

現地で初めましてだった東証上場社長のS氏からも

「いやー、早速申し込みました」との一報もありました。

 

信用のクレジットという名の長方形の物体が、

こちらの価値を

とっっっても上げてくれる最高のカードだと

この2017年上半期感じた次第です。

 

日本でもみんなが入ったり、

アジアでラグジュアリーカードを展開するブランチが増えれば増えるほど、

この上半期のような反応は消え失せるでしょう。

 

 

【編集アホ記:台湾での夜のクレカの使い方】

 

とある台北の某高級クラブにて

f:id:investravel:20170726015935p:plain

 

ママ、チェックね。

 

(ダイナースプレミアムカードを出す)

 

「 あら、いいカードね。でも、ダイナースは使えないのよ」

 

(アメックスプラチナカードを出す)

 

「こんな高級なカードは使えない(アメックス自体がダメなんですが)」

 

そこで友人がセンチュリオンを出して、

だったらこれもダメですよね?と。

 

「超高級なカード駄目よ」

 

だったらこれで、と、

ラグジュアリーカードを出す。

f:id:investravel:20170726004445p:plain

 

「なにこのカード」

「あ、すごい。重い。カチンカチン音がする」

「こんなカード使えないよ」

 

ママ、よく見て、

マスターカードだから大丈夫通して見て。

 

と、

他のキャストも興味津々に見てくる雰囲気、

集まる美女、

マスターカードのプライスレスとはこのことではないかと悟った

台北の春風でした。

 

これを見ていたセンチュリオンのKくんも、

いまやラグジュアリーチタンカードのメンバーとなっていることは

いうまでもないかもしれません。

 

やっぱね、

絶大なブラックカードのプラスチックセンチュリオンより

金属ですよ。

(センチュリオンはチタンもあるので、それならそっちの価値勝ち)

 

宝石がその絶対的な美しさ以上に「希少性」で価値が決まるように、

このクレカの価値も希少な間は、その効果は絶大だろう。

 

<追伸>

こういう記事を書くことで効果は落ちていきますが、

もう半年して飽きてきたので、

 

そろそろ

「金属製カード、わあすごい劇場」

も終焉でいいかなあと(笑)

 

おしまい。

  

www.investravel.link

www.investravel.link

www.investravel.link 

<スポンサーリンク>

?

?

~INDEX(索引)はこちらから~

www.investravel.link

【RECOMMEND こちらの記事もオススメ】

?