マイラーNavi ☆ 旅のお得&美女情報

海外旅行、旅で出会いたい美女、マイル、ポイント、エアライン、ホテル、クレジットカード、グルメ、読書、英語、お金、身だしなみ、健康づくりの役立つ情報ブログ

【SPGアメックスの国内改悪、海外改善?】SPGのホテルカテゴリが変更になりました。

f:id:investravel:20170210073850p:plain

 

どうも、旅Mです。

 

SPGによるホテルカテゴリの見直しがあり、

残念ながらSPGアメックスの無料宿泊特典先で人気のあった

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井坂」のカテゴリが

6→7となり、

無料で泊まれなくなります(2017年3月7日~)

f:id:investravel:20170210074209p:plain

www.princehotels.co.jp

 

 

そして、

日本の多くのSPG系のホテルのカテゴリーがアップしています。

f:id:investravel:20170210074526p:plain

and more・・・

Starwood Prefered Guest | Category Change 2017

 

国内のSPGホテルを多く使う人にとっては 

SPGアメックスカードの無料特典の実質改悪に加え、

スターポイントの実質消費量も増えると見られ、

残念な結果ですね。

 

しかし一方で、

インドや韓国などでホテルのカテゴリ・グレードが

引き下げられています。

 

例えば、

インド・バンガロールのこちらのホテルの

ダウングレードは大いに納得。

Luxuryコレクションは名ばかりで古くて良くないし、

ザパークに至っては「SPGの冠外せよ」と思う程ぼろいホテルでした。

f:id:investravel:20170210074904p:plain

f:id:investravel:20170210074939p:plain

参照:

バンガロールのシェラトン、ムンバイのセントレジスは好きですけどね。 

www.investravel.link

www.investravel.link

  

他にも、

グレードの変更に納得できるものばかり。

 

日本は現在、

インバウンドの成功でホテルの稼働率が一昔前より急上昇してますし、

東京五輪での宿泊者増、政府の海外来訪者の倍増計画などがあり、

私が経営者でも日本のSPGカテゴリを強気に設定すると思います。

 

ですので、

国内では「改悪」なんて声をネットで拝見しましたが、

今回のカテゴリ見直しは経営の合理化として、

非常に実情に見合ったものになったと言えるでしょう。

 

追記: mileagerunさんのブログにありますように、

mileagerun.hatenablog.com

大阪のセントレジスのカテゴリー6の変更が

なくてよかったというのは、

私も賛同です!

 

国内外の繁忙期で価格の上がる時期に、

それと関係なく6グレードまでなら、

無料特典が使えますので、

引き続きSPGアメックスは魅力のあるカードとも思います

 

マリオットと経営統合したからこうなったのであれば、

マリオットやるな!という感じです。

 

f:id:investravel:20170210075629p:plain

 

買っておいても良かったな・・・ 

 

<スポンサーリンク>

?

?

~INDEX(索引)はこちらから~

www.investravel.link

【RECOMMEND こちらの記事もオススメ】

?