マイラーNavi ☆ 旅作りのお得情報

海外旅行中心にマイル・ポイントサイト、エアライン、ホテル、クレジットカードや旅に必要なグルメ・読書・英語・お金/身だしなみ/健康づくり等の役立つ情報ブログ

【ANAプリカを少しだけお得に】年会費もANAマイル上限も移行費もかからず、ソラチカ滞留もなしのANAプリカ

f:id:investravel:20170119134718p:plain

 

以下、無効です。

恥ずかしすぎて、Deleteも考えましたが、

 

f:id:investravel:20170515194234p:plain

 

文様のご丁寧なご指摘を頂戴し、

その感謝とこれまでの公開のお詫びからしばらくタイトル変更で

残したいと思います。

 

ANAプリペードカード+ナナコで0.6%還元、

0.1%だけちょっぴりお得にはなりますが・・・

===================================

 

以下、いずれ記事ごと消去しますので、

あしからず。。。

 

どうも旅Mです。

 

本日、

三井住友カード㈱の方から折り返しのお電話を頂き、

(カード会社さんへの確認に2日も要しました)

スキームが確立されたのでシェアしておきます。

 

年会費もマイル移行費も上限もないマイル還元率0.996%のスキーム

必要なもの

・ANAプリペイドカード

・Yカード(JCB)

・nanaco

※Yカードでチャージしたnanacoで公共料金を払えば、

0.5マイル貯まるのは有名ですね。

<参照>

kenbou89.hatenablog.com

 

じゃあ、

このYカードでチャージされたnanacoで、

ANAのプリペイドカードにさらにチャージをして利用すれば、

合計でANA還元率が10.996%になりますね。

(ANAプリペイドカードで決済すると、1000円につき5マイル貯まる)

 

追記

0.996%とは、

2回目以降のコンビニチャージに200円かかりますので、

nanaco1回の最大枠5万円でチャージしたとして、

200÷50000=0.004%0.4%の手数料が発生し、

実質的な還元率は0.6%になります。

f:id:investravel:20170220122036p:plain

 

Yカード&nanaco&ANAプリペイドVISAのメリット 

これのメリットを他と比べると・・・

(価格等を約にしてますが、正確な数字はググってくださいな)

 

LINE-PAYが2%くらい貯まると言っても

ソラチカカードを経由しなければならず、

ちゃっかり陸マイラーはただでさえポイントが渋滞している・・・

 

ANA一般・Suicaカードは

800円くらいでマイルが貯まると言っても

還元率は0.5%だし、

1%にしようとすると移行費が6000円くらいかかります。

 

ANAワイドゴールドにすると、

移行費はかかりませんが、

リボにしても年会費が約1万円くらいかかります。

 

私の使っているアメックスプラチナは、

還元率は1%ですが、

そもそもANAの移行費に5400円も払わされています。

しかも、年間移行が8万マイルと上限まであります。

 

しかし、

このYカード+ANAプリペイドの組合わせだと、

完全無料でANA還元率約1%(0.996%)が

実現できるのです。

 

 Yカード&nanaco&ANAプリペイドVISAのデメリット 

ん、デメリットはないか・・・ですか?

 

まず、

プリペイドカードへのチャージの上限が30万で、

Yカード⇒nanacoのチャージ上限が5万円ですから、

30万円入れようとすると6回行う必要があります。

少し手間です。

 

あとは、

1回のチャージごとに2回目以降は200円かかります。

(ですので、最大還元率0.996%)

 

そもそもチャージは現金だけってWEBに書いてあるぞ! 

ん、三井住友VISAのホームページに、

お支払いは「現金」と書いてあるから、

このスキーム無理じゃん、という声がありますね。

f:id:investravel:20170119235826p:plain

www.smbc-card.com

確かに、

nanacoとは書いてありません。

 

最初は私も、

「そんな都合がいいことできないか・・・」

「だから誰もWEBに書いてないんだなあ・・・」

って思いましたよ。

 

でも、わたしは見逃しませんでした。

f:id:investravel:20170120000121p:plain

 振込表のイメージに、

「お支払いは上記払い込み期限までに現金、nanacoにて」

と書いてあります。

 

あきらめなければ、道は開ける! 

これを三井住友カードに伺ったところ

カード「あれは、イメージですから」

私「では、nanacoは使えないんですね?。

あくまで私の感覚値ですが、自動車税や小学校のバス料金など、

コンビニで振り込める振込用紙さえあれば、nanacoで

払えないものはセブンにないと思うのですが・・・」

カード「そうなのですね。では、少々お待ちください」

(かなり待たされる)

カード「担当部署にも聞いてみたのですが、不明です」

カード「お客様でセブンイレブンさんに聞いて頂けますか?」

私「聞くのはやぶさかではありませんが、

御社のWEBの使用方法で説明されるべきで、

実際に使用例が明示してあり、

今回の不明なこの件はサービス事業者の義務と思うのですが、

それでも私がセブンイレブンに聞かねばなりませんか?」

カード「承知しました。こちらでお調べします。少々お日にちを頂けますか?」

 

などという会話を通じて、

1日半後の昨日に

 

カード「お客様、チャージにnanacoがご利用いただけます」

 

というご連絡がありました。

 

よって、

年会費無料Yカード(確か他にも数種類大丈夫)⇒

会費無料nanaco⇒

現在は発行費無料のANAプリペイドVISA

 

という流れでチャージをして、

ANAプリペイドカードを決済に使うことで、

1000円につき

 

Yカードで10Tポイント>5ANAマイル、

ANAプリペイドカードで5ANAマイル

合計ANA10マイル

 

という、

 

移行費ゼロ、

年会費ゼロ、

マイル移行上限なし、

ソラチカ経由無し

でANAマイル還元率約1%

(0.996%)

 

のスキームを

確立することができました。

 

プリペイドカードとはいえ、

30万円はいれておけますし、

f:id:investravel:20170120001336p:plain

www.ana.co.jp

もともと各種税などをnanacoで支払っている方にとっては、

慣れた手続きかと思います。

 

あの、移行費ってのが

「なんなんだ!」って思ったのがきっかけで

探し当てたスキーム。

 

流行ってしまえば改悪される可能性はありますが、

1円もかからないで約1%(0.996%)の還元のため、

人によっては大変価値のあるスキームではないでしょうか^^

 

追記:

id:saveupさんが更なる可能性を見出して頂きました。

当方もANAプリペイドカード待ちなので、

試してみたいと思います。

そして、実際のチャージでも正確な検証があります!

saveup.hatenablog.com

saveup.hatenablog.com

 

<スポンサーリンク>

?

?

~INDEX(索引)はこちらから~

www.investravel.link