マイラーNavi ☆ 旅作りのお得情報

海外旅行中心にマイル・ポイントサイト、エアライン、ホテル、クレジットカードや旅に必要なグルメ・読書・英語・お金/身だしなみ/健康づくり等の役立つ情報ブログ

【マイルで東南アジア2か国行くのに32000マイルもの差!なんで?】特典航空券は2か国楽しまないと損ですよ!

f:id:investravel:20160915141959p:plain

 

ここではありきたりの話かも知れないのですが、

さっき話をした海外好きの友人がこのことを知らなかったので、シェアまで。

マイルを使う時には、時間が許すなら2か国に行かないともったないという話。

 

前出の画像の通り、

 

私は2か国、

具体的には成田>ムンバイ>バンコク>成田という路線で

38,000マイルを使いました。

 

ただ、

これは9月に旅した当時のものなので、

検証のため同じエアラインでの現条件を改めてみて見ましょう。

f:id:investravel:20161009011020p:plain

なんでか支払総額が若干増えていますが、

こんな条件のようです。

 

もし、仮にインドしか行かないとすると、

f:id:investravel:20161009011344p:plain

さらに、仮にタイにしか行かないとすると、

f:id:investravel:20161009011626p:plain

 

これバラバラに行こうとすると

70,000マイルと諸経費11,200円かかる

ところが、

 

2か国同時に旅することで38000マイル・8030円で済み、

すなわち

32,000マイル、3170円も浮かす

 

ことができます。

これって知ってると知らないとでは大きくないですか?

 

これはもちろん、

欧米など遠くなればなるほどお得になりますし、

旅の楽しみ倍増です。

 

今後の時代をけん引する中印の代表商業都市、

ムンバイの後に上海によって東京へ、

(マイル上限の低いとこには同じゾーンでなくても基本寄れるみたいです)

というコースだって作れます。

 

だから、私にとってはスーパー有り難い特典航空券なのです。

 

ただし、どの都市でも使えるというわけでなく、

詳細はこちらをご参照いただき、

ご利用条件│ANA国際線特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

 

実際には、

f:id:investravel:20161009012557p:plain

上記のANAのWEBサイト、または所達人先輩のブログをさらっと参照し、

特典利用航空券の予約ページで実際に試してみれば、

行きたい2か国に行けるかは簡単にわかるはずです。

(間違った時の最初からやり直す、イライラ感は否めませんが)

 

なお、近しい日程・同じ路線でも、

航空会社の選択が変わると、マイルは同じでもこんなに諸税が

変わることまでご存知でしたか?

f:id:investravel:20161009013257p:plain

な、なんとムンバイ>バンコク便を

エア・インディアにしただけで

10,000円以上も上がっている!

 

なぜだ。

なぜかまではわかりませんが、

時間の便の選択肢が許せば、

いくつか出てくる航空会社をチェックしてみることも

やったほうがよさそうですね。

 

いずれにしてもマイルで特典航空券利用の際は、

2か国利用もご検討してみてはいかがですか?

 

☆きれいな海にも夜景都市にも行って、23000マイル!そんな使い方も☆

www.investravel.link